食中毒に効く様々な食材について調べてみる

この季節最も注意しなければいけないのが食中毒です。少し目を離している間に食材が痛んでしまったり、食べ物にカビが生えやすくなってしまいます。また、見た目は何とも無いから安心して口にした物が食中毒の原因になる恐れが出てきます。では、もし、食中毒に効く食材があるとすればどの様な食材なのでしょうか。または食中毒予防になる食材とは一体どの様な物なのか調べてみました。

一般的な食中毒の主な原因はサルモネラ菌が原因と言われています。なので、この菌を退治してくれる食材が一番なのです。もし、食中毒に陥ってしまった場合、真っ先に口にすれば良い食材、それは梅です。梅は古くから殺菌作用があると言われてきました。その証拠にお弁当にはいつも梅干を入れる習慣があります。これは、お弁当が腐らない様に守ってくれるようにしてくれるのです。

私の住んでいる所は梅の名産です。毎年この季節になると、各家庭で梅をつけはじめています。三日三晩天日干しにした梅をシソと一緒につけ込む。こうする事で味が染み渡って、あの独特の酸っぱさが出てきます。また、梅が腐らないと言われている証拠に、こっちの地域では、何十年も昔に作った梅を未だに発売しているお店があります。この様に梅は食材の中でも一番の殺菌作用があると言われています。なので、もし、食中毒にかかってしまったら、梅干を食べるか、梅肉をお湯で溶かした物を飲むと良いとされています。

次に、カニや魚、キノコの中毒に陥ってしまった場合は、冬瓜の果汁を飲むと良いとされています。この他にも食中毒(悪い物を食べてしまった場合)には、小豆を取ると良いとされています。小豆の中には悪いものを吐き出す作用があるので、万が一変な物を口にした場合は小豆を口にしてください。そうすると嘔吐で悪い物が吐き出されます。

この様に食中毒に効く食材は意外と身近に存在します。私たちが普段、気付いていないだけで、様々な種類の食材に殺菌作用がある事が見てとれます。これからの季節食中毒には気をつけたいですね。